開催日:2021年3月11日

第30回 消費者マーケティングデータ研究会

コロナ時代の広告宣伝の最適化
~「クリエイティブの実例」と「MMMによる最適化」~

セミナー概要

コロナ時代の広告宣伝の最適化

~「クリエイティブの実例」と「MMMによる最適化」~

 新型コロナウイルスの影響で、生活者のメディアの接触状況だけではなく、刺さる広告メッセージも変わりました。今後もニューノーマルを前提としたクリエイティブ制作やメディア選択が重要になります。
今回は、コロナ時代の効果的なクリエイティブとして、NRIが選定する「広告効果アワード」の中から、効果が高かった具体的な実例を紹介します。また、メディア最適化として、マーケティング・ミックス・モデル(MMM)を用いたメディア選定の事例を紹介し、今後の活用可能性を提案します。

日時 2021年3月11日(木) 16時00分~17時30分(15時半開場)
会場 オンライン(Web)開催です。詳しくは、お申込みいただいた方にメールにてご連絡いたします。
プログラム 1.コロナ期の効果的なクリエイティブ
 -広告効果アワード2021のケーススタディ-
2. マーケティング・ミックス・モデルの可能性と限界
 -シングルソースデータのMMMへの活用-
定員 400名
ただし希望者多数の場合は、業種によってお断りする場合や 1社あたりの人数を制限、または抽選とする場合がございますので、予めご了承下さい。
対象者 企業の広告、宣伝、販促部門の方、企業の経営企画、マーケ/調査部門の方、広告会社、媒体社の方
参加費 無料(事前登録制)
主催 株式会社野村総合研究所
お問い合わせ先 野村総合研究所 マーケティングサイエンスコンサルティング部
セミナー事務局 松本、森田
TEL:03-5877-7388  Mail:is@nri.co.jp