主催

開催日:2021年10月7日

第31回 消費者マーケティングデータ研究会

コロナは生活者に何をもたらしたのか
~「今後の生活者の予測と新しいセグメント手法」~

セミナーお申し込み受付中

セミナー概要

コロナは生活者に何をもたらしたのか

~「今後の生活者の予測と新しいセグメント手法」~

 コロナウイルス収束が未だ見えない一方、ワクチン接種が浸透するなど、生活者の意識や行動を捉えにくい状況が続いております。NRIではコロナ発生前から継続的にデータを収集しており、今回、そのデータを改めて分析することで、今後の生活者の動向を予測します。

また、この変化する生活者に併せて、新しいセグメント手法を考察。買う人、買わない人は誰で、何を考え、どう動いているのかをデータから読み解き、企業、各ブランドが一体何をすべきなのかを提案します。

日時 2021年10月7日(木) 16時00分~17時30分(15時半開場)
会場 オンライン(Web)開催です。詳しくは、お申込みいただいた方にメールにてご連絡いたします。
プログラム 1.時系列データから解く、今後の生活者の動向
 -意識と行動からみた、今後の予測-
2.新しいセグメント手法による生活者の捉え方
 -買う人、買わない人をどう捉えて、戦略に繋げるか-
定員 400名
ただし希望者多数の場合は、業種によってお断りする場合や 1社あたりの人数を制限、または抽選とする場合がございますので、予めご了承下さい。
対象者 企業の広告、宣伝、販促部門の方、企業の経営企画、マーケ/調査部門の方、広告会社、媒体社の方
参加費 無料(事前登録制)
主催 株式会社野村総合研究所
お問い合わせ先 野村総合研究所 マーケティングサイエンスコンサルティング部
セミナー事務局 森田
TEL:03-5877-7388  Mail:is@nri.co.jp

セミナーお申し込み受付中